A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED

「神に求めて得られたもの」「病院に遺された詩」「病者の祈り」
いろんな訳やタイトルがあるが、たぶん

「病気になった者の心得」

ぐらいの感じなのではないか。(直訳:患う者の信条)

但し書きも「ニューヨーク州立大学病院の壁に書き残された」とか、あげくの果てに「NYの落書き」になってるようだけど、「ニューヨークの物理療法研究所の壁に掲げてある詞」が正解の模様。

さらに元をたどると「無名兵士の遺した詩」という話も。

出典

 
I asked God for strength, that I might achieve
  I was made weak, that I might learn humbly to obey…

I asked for health, that I might do greater things
  I was given infirmity, that I might do better things…

I asked for riches, that I might be happy
  I was given poverty, that I might be wise…

I asked for power, that I might have the praise of men
  I was given weakness, that I might feel the need of God…

I asked for all things, that I might enjoy life
  I was given life, that I might enjoy all things…

I got nothing that I asked for — but everything I had hoped for

Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
  I am among all men, most richly blessed!

This creed is hung on a wall at a waiting room of Institute of Rehabilitation Medicine, 400 East 34th Street NYC. 

「成功するために、丈夫でありたかった。
  弱く生まれて謙虚に従うことを学んだ。
「大きなことを成し遂げるために、健康でありたかった。
  良いことをするようにと、病弱に生まれた。
「幸せになるために、裕福でありたかった。
  賢くなるように、貧乏に生まれた。
「栄誉を手に入れる強さがほしかった。
  かけがえのない神様を知る弱さを授かった。
「人生を楽しむために、すべてのものを手に入れたかったが、
  すべてのことを楽しめるよう、命を授かった。
「欲しかったものは、何も手に入らなかったが、
  願ったことはみんな叶った。
「求めたとおりにはならなかったが、言葉にしない思いは聞き届けられていたのだ。
  私はこの世で最も豊かで恵まれている。

こんな感じかな?

Leave a Reply