iPhotoライブラリを再構築する際に、地雷を間一髪で回避した件

iPhotoの終了時に「大切なデータを保存しています(※)」のようなメッセージが出ていっこうに終了しない現象が起きていて、いつも[後で行う」ボタンをクリックして終了していたが(ほうっておくと、一時間ぐらいして異常終了する)、いいかげんちゃんとしようと思い、iPhotoライブラリを再構築した。(※エラーメッセージはうろ覚えです。すいません)

iPhotoライブラリの再構築は、iPhotoの起動時にコマンド+オプションで再構築のオプションが表示される。

その際に、意味のわからない項目があった。曰く「データベースの未使用ディスク領域を再利用」。
調べてみると、SQLiteに関連する項目らしい。SQLiteのことは知らないがまあどちらでもいいだろうと判断した。

 

ところが調べていると恐ろしい情報に出会った。

「”iPhoto Library”フォルダ内のリンク切れ写真を回復」のチェックをすると、サムネイルを破壊するという内容。

知らなければ意気揚々と全チェックで再構築するところだった。(ありがとうございます!)

 

結局、再構築のオプションを全部選ぶのはやめて

  1. 「iPhotoライブラリのファイルのアクセス権を検証して修復」だけおこなって、状況は変わらず
  2. 「自動バックアップからiPhotoライブラリデータベースを再構築」をやったら、不具合は解消

で一件落着しました。

Leave a Reply