“Mac OS X”にImageMagick(Finkでない)

Mac OS XにImageMagickをインストールするときは、ライブラリ(dylib)がいろいろ足りないことがあるので、まずライブラリをインストールしてから ImageMagick をコンパイルすること。順番を逆にすると動かないはず。ライブラリのダウンロードはここからできる。

  • zlib(http://www.zlib.net/。libpngのサイトにもある)
    libpngのコンパイル・インストールに必要。他からも必要とされてるかも… ・
  • libjpeg(http://www.ijg.org/)  同梱のltconfig、ltmain.shが機能しないらしいので以下で置換え。
    http://fink.sourceforge.net/files/ltconfig 
    http://fink.sourceforge.net/files/ltmain.sh 

    libtool を /usr/bin/glibtool で置換え。
    >$ mv libtool libtool.orig
    >$ ln -s /usr/bin/glibtool libtool 

    さらにconfig.* を /usr/share/libtool/config.* で置換え。
    >$ cp -i /usr/share/libtool/config.* ./

    ディレクトリを作っておく。
    >$ sudo mkdir /usr/local 
    >$ sudo mkdir /usr/local/lib
    >$ sudo mkdir /usr/local/man
    >$ sudo mkdir /usr/local/man/man1

    コンパイルは
    >$ ./configure –enable-shared –enable-static  とやる。
    (情報元:OS X ハッキング!,Moodle を Mac OS X 10.4 (クライアント版)で動かす

    追記:ちなみにTiger(Mac OS X 10.4.4)だとなぜかうまくいかなかった。 
    面倒なのでFinkをインストールして、「jpeg-6b」内の以下のファイルを「/sw/lib/fink/update」 内のファイルと置換える。(この方法10.3.9でも有効かも?)
    • config.guess
    • config.sub
    • ltconfig
    • ltmain.sh
  • libpng(http://libpng.sourceforge.net/)
    zlibとの関係に注意。INSTALLファイルを良く読むこと。
  • libtiffd(http://www.remotesensing.org/libtiff/) 
    特に問題なかったと思う

その他、GhostScriptとかも入れとくと良いかも。(今のところ面倒なのでやってない。追加したらたぶん再コンパイル。)

追記: http://slashdot.jp/~Cube/journal/363553 こちらにも情報あり。スマートだ。

Leave a Reply